エムズデザイン R&ampD 表参道設計室

Mina's column

表参道事務所

私たちのもう一つの設計室、表参道事務所は原宿駅からほど近い
ヴィンテージマンションの中の一室にあります。
一見とても賑やかな場所のように感じられますが、実際は大通り
から一歩道を入ると周りの喧騒から遠ざかり、落ち着いた静けさ
に包まれます。

 

部屋の窓を開けると、清々しい空気と豊かな緑の借景が広がって
いて、初めてお越しになった方は「都会の真ん中ではないみたい。」
と驚かれます。
表参道というと「オシャレな所に事務所があるのね。」というお声も
よく頂くのですが、実は社長の林がこの場所を選んだ理由はちょっと
違う視点なのです…

 

林は寺院の長男なので、神様や暦などをとても大切にしています。
表参道に設計室を設けたのも、一番の理由は明治神宮の凜とした
空気を感じられる場所だから。
そのこだわりはとても強く、この場所を見つけるまでは何件も何件も
探し歩きました。

 

室内だけではなく、屋上に登っては周りの景色を確かめ、風の流れは
どうか、空気は淀んでないかなどを細かくチェック。
そして、目の前には明治神宮、右には東郷神社、後ろには神宮外苑と
緑に囲まれたこのマンションの屋上に登った時、
直感で「この場所だね!」と即決してしまいました。

 

そんな表参道事務所に、今年も年始からお客様がお打ち合わせにお越
しくださいました。
その打ち合わせの前に、ちょっとだけ寄り道して林と明治神宮へ。
年が明けてしばらく経っているにもかかわらず、沢山の方がお参りに
来ていました。

 

明治天皇がワインをお好きだったため、今でも日本酒と共に毎年ブル
ゴーニュのワインが献納されているとか、
直角に曲がる参道の角度は実は90度ではなく末広がりの88度なのだ
とか明治神宮トリビアを話しながら境内を歩きました。

 

その中でちょっと可愛い模様を発見!沢山のハート型。
これはハートマークに見えますが、実は「猪目(いのめ)」と言って
イノシシの目の周りのくぼみの形なのです。
イノシシは火事の時に一番早く逃げると言われており、そこから火除
けのお守りとして日本各地のお寺やお城に装飾されたそうです。

 

そんな散策をしながら本殿へ到着。
しっかりとお客様方とスタッフ皆の幸せをお祈りしてきました。

 

今では素敵なハイブランドが並ぶ表参道。
12月の冬至の日、この道の先からは明治神宮に向かってまっすぐに
太陽が昇るそうです。

 

神様や太陽のエネルギーを感じられるこの街で、皆様のお越しを
お待ちしております。

 

 

 

 

上棟

新築が建ち上がる現場の工事の中で一番私が好きな工程。それは
上棟(じょうとう)です。
上棟とは木造住宅の柱や梁などの骨組みを組み上げ、屋根の骨組
みである棟木を取付ける事をいいます。
棟上げ(むねあげ)や建方(たてかた)、建前(たてまえ)とも
呼ばれています。

 

その日はお施主様だけでなく、現場の職人さんや私たち設計にと
っても特別な一日です。
朝から気合いと意気込みで、皆ソワソワ、ワクワク。

 

棟梁や頭(かしら)をはじめ、沢山の大工さんや鳶職さんが手伝
いに来てくれて現場が賑やかに活気付きます。
そして朝からトンカン、トンカンと柱や梁を組み立てる音が響き渡
ります。まだ仮止めの梁の上を、大工さん達が颯爽と歩く姿は、凛
々しく、とても格好が良いものです。
皆で協力し合い、声を掛け合い、みるみるうちに家のカタチが現
れてきます。私達設計士は、ただただ安全とご家族の繁栄を祈って
固唾を飲んで見守ります。

 

そして夕刻になる頃には、朝はコンクリートの基礎だけだった所に
新しいお家が誕生するのです。
それまでA3用紙の平面図で何度も何度も検討した間取りが、設計
者である私たちの目の前に実際の形となって姿を現す過程を見る
事はとても感慨深いものです。

 

昔は上棟が終わるとご近所さんや工事関係者を呼んで、お餅をまい
たり、盛大な宴会を開いたようですが、現代ではそのような儀式をさ
れる方はほとんどいらっしゃいません。

 

それでも、おめでたい事だからと略式の上棟式を行う事はとても多い
です。
皆で工事の安全を祈り、無事に感謝し、お家の繁栄を祈る。
お施主様と職人さん方が同じ気持ちで直接接することが出来る、貴重
な時間でもあります。
鳶職人さんの中には「木遣り唄」といって、お祝いの唄を歌って下さ
る方もいます。その歴史ある深い歌声を間近で聴くと、感動と共に、
真摯な気持ちになり身が引き締まります。

 

上棟式は必要ないと全く行わないハウスメーカーも多いと聞きます。
もちろん必ずではありませんが、私はこのような素敵な習慣が必要
ないと切り捨てられてしまうのは少し寂しいような気がしています。

 

沢山の人の手を借りて、みんなが一つの想いを持って家を造っている。
それを感じるだけでも、とても有意義な一日だと思うのです。

 

 

 

 

 

尺とセンチメートル

棟梁たちと現場で打ち合わせをしている時、「その幅は尺五寸だか
ら」「ベニヤの厚みは四寸だな」などと普段聞き慣れない尺や寸と
いう言葉が多く聞かれます。
これは昔から大工さん達に使われているの寸法の単位です。
現代では1尺は30.3cm、1寸は3cmとされています。
木造では今でも、この寸法単位でベニヤや石膏ボードなどの大きさ
が決められています。
尺貫法は元々は中国から伝わったもので、1尺は肘から手のひらま
での長さが元になっているとか、親指から中指までの寸法である

など、いわれは色々あるようです。

 

建築では身体の長さを元に考えられた寸法が他にもあります。

フランスの建築家ル・コルビュジエは人が手を挙げたときの高さを
基準に黄金比を適合させて「モデュロール」という新しい尺度を作
りました。

これはコルビュジエがメートル法によって人体から離れてしまった
尺度に疑問を持ち、人が使いやすい寸法にするために考えだしたも
のです。
日本でもこの影響を受けた建築家の丹下健三が日本人の身体に合わ
せて「丹下モデュロール」というものを作っています。

 

人間が使う空間を、身体を元にした尺度で作る。
それは使いやすい寸法を決めるためには、ごく自然なことなのかも
しれません。

 

エムズデザインでは階段の手摺の高さや吊り戸の高さ、トイレから
トイレットペーパーホルダーまでの距離や鏡の高さなどなど、お使
いになる方の身長やお顔を思い浮かべながら、どの位置が使いやす
いか何度もシュミレーションを行って決めます。

 

設計室では、担当者が巻き尺片手にジェスチャーの様に何かをして
いる風景を良く見ます。
「何しているの?」と聞くと、「○○様邸のスイッチの高さが低い
かなと思って…」「カウンター越しに窓が開けられるかしら?」
など周りの皆も巻き込んで「ジェスチャー大会」は続きます。
図面上だけでは決められない寸法は沢山あるものです。

 

また、プランニングも尺貫法やメートル法にこだわらず、適材適所

で寸法を決めます。
「ここの廊下は少し広めにメートルで、収納の中はコンパクトに無

駄の少ない尺単位で」
それぞれに良さがあり、それぞれに難点もあるからこそ、用途に合

わせてきめ細やかに寸法を検討します。

 

現場で新人さんは皆、よく使う尺単位を必死で覚えます。
ベテラン大工さんに「4尺5寸」と言われて
「…えーっと、えーっと、4尺5寸だから…1365mm!」
と頭の中で、必死でミリ単位に変換をしているのです。

 

尺貫法は大工さんとのコミュニケーションの第一歩。
現場をスムーズに進める魔法の言葉のようなものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りを添えて

先日、数年前に新築をさせていただいたお客様のお家にお呼ばれし
た時のことです。古材の木で造った玄関の扉を開けた瞬間、ふわー
っと心地良い感覚に包まれました。

 

その正体はタイル貼りのエントランスにさりげなく置いてある、大
きなキャンドルから放たれるオリエンタルな香りでした。
お話を伺うと、ご主人様がロンドンを訪れた際に気に入られてお土
産に持ち帰ったものだそうです。

 

その柔らかい香りは空間に彩りを与え、センスの良いインテリアも
手伝って新築の時には無かった雰囲気をまとい、そのご家族に似合
う素敵なお家になっていました。
建物が私たちの手を離れ、新たな息吹を吹き込まれているのを感じ
るとき、とても嬉しくなります。
それは大切に育てた娘が結婚して幸せに暮らしている様子を見守る
父のような気持ちでしょうか。

 

香りにはとても不思議な力があります。
ある香りを嗅いだ瞬間、昔の記憶や感情が蘇るという経験をされた
ことのある方も多いかと思います。
子供の時に庭に咲いていた金木犀の香りや母が作ってくれたロール
パンの焼きたての香り、憧れていた人の香水の香りなど
どこかで似た香りを嗅ぐと、ふっとその当時の懐かしい感情がはっ
きりと蘇ります。

 

エムズの打ち合わせスペースにも、とても良い香りのキャンドルが
置いてあります。
こちらは香りにはかなりこだわりのある林の海外からのお土産です。
少し煌めくゴールドのガラスの入れ物に入ったそのキャンドルに灯
りをともすとゆらゆらとした炎の揺らめきと共に甘く優しい香りが広
がります。
お客様との打ち合わせのときだけでなく、ミーティングで意見が煮
詰まった際などにもふっとその香りが漂ってくると、自然と緩やか
な気持ちになります。

 

エムズデザインのコンセプトラインのひとつ「profumo」もイタリ
ア語で「香り」を意味します。
はっきりと見える色や形だけでなく、質感や香りなど目には見えない
要素が加わることによってお部屋はさらに印象的で素敵な空間になっ
ていくと私たちは考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の形から…

私は昔からどちらかというと文系の教科よりも数学や物理などの理系
の教科の方が好きなのですが、その理由のひとつとして数式を魅力的
に感じるからなのかもしれません。

自然界の中には神秘的な数式の法則が潜んでいるものが多くあります。

ひまわりの種の配列や松ぼっくりの笠、ロマネスコの花のつぼみの配

列などはフィボナッチ数列の数にそって成長していると言われていま

す。フィボナッチ数列とは直前の2つの数の和が次の数になっている

数列で隣り合う数の比は次第に黄金比に近づくという性質を持ちます。

最も安定し美しいとされる黄金比は、これまで様々な建築に使われて

きました。有名なのはギリシャのパルテノン神殿やパリの凱旋門や

NYの国連ビルなどです。人間が作る建物に自然の摂理や法則を当て

はめる。昔から人はそうやってデザインに自然の力を借りて来たのか

もしれません。

 

 

学生時代にバルセロナのサグラダ・ファミリアを訪れた時、その地下

の資料館で「フニクラ」という奇妙な紐とおもりのオブジェの様な物

を見学しました。それは建築家アントニオ・ガウディが安定した構造

の建築にするために探求した自然の形なのです。
天井から紐で吊り下げた沢山のおもりが描くアーチを逆さまにして曲

線の形を決めたそうです。ガウディ建築の有機的で多様なフォルムは

見た目だけではなく、構造的な理由があったのだと知ってその豊かな

発想力に驚いたことを今でも憶えています。

 

 

エムズデザインでも時々デザインに黄金比を取り入れる事があります。

お客様に特にご説明はしなくても、知らない間に心地よいデザイン、

美しい空間というように感じて頂けたら嬉しいなと思いながら、こっ

そり黄金比を潜ませます。

 

 

 

 

 

音楽のように

エムズデザインのお客様は音楽が好きな方がとても多くいらっしゃい
ます。ご存知の方も多いかと思いますが社長の林は無類の音楽好き。
クラシックからロック、ジャズ、ハワイアンミュージックまで幅広く、
良いと思ったものはジャンルは問わず聴くそうです。演奏する事も好
きで、ギターやピアノ、ドラムにトランペットまで。私たちが良く耳
にするのは鼻唄ですが…
そんな社長がいるためか、お客様とも音楽のお話をさせて頂く機会が
とても多いのです。ギタ ーがお好きな方、オペラがお好きな方、ピア
ノの演奏をされる方、ジャズをこよなく愛する方 など。時には間取り
のお話などは全くせずに、音楽の話題で盛り上がることも…
でも実は、音楽と建築は少し似ているところがあるのです。 譜面が同
じでも演奏する人によって全く違う曲に聞こえるように、同じ平面図
でも作り手によ って全く違う空間のように仕上がるのです。
幅木の納まりや扉の蝶番の選び方、カウンターの素材や床見切りの納
め方など。細かい所に気を配りながら、丁寧にいかに美しく演奏する
のかが大切です。

 

 

 

 

 

img_5419-minc

 

 

永く愛される物

私が祖母から譲りうけた大切な宝物。それはスイスの REUGE 社のオ
ルゴール。今から50年ほど前に祖父がスイスを訪れた際に、お土産と
して買って来てくれた物だそうです。 当時はとても高価な物だったよ
うで、あの厳しかった祖父がどんな想いでこのオルゴールを買おうと思
ったのだろうと色々思いを巡らします。 美しい木目のクルミ材で作られ
た蓋を開けると、中には小さな針やゼンマイが端正に並んでいます。
裏側のねじを巻くと金色のシリンダーが回りはじめ、72弁のコームのひ
とつひとつが美しく針をはじきだします。
曲目はリストの「ハンガリー狂詩曲」。
針は同時に何ヶ所も鳴り、主旋律だけではなく重厚なハーモニーを響か
せてくれます。その深く味わいのある音が、とても豊かな気持ちにさせ
てくれるのです。 私は小さい頃からこのオルゴールの音色が大好きで、
祖母の家へ行くと必ず応接間でオルゴールを開いていました。
華美な装飾はないのですが、何度聞いても飽きないその音色に、子ども
ながらに他のオルゴールとは違う何かを感じていたのかもしれません。
今、我が家で時々息子達が釘付けになって眺めているのを見ると、本当
に良い物は半世紀の時を経ても、こうやって大切に受け継がれていくの
だなと感じます。
私も同じ物作りをする者として、永く愛され、受け継がれていくような
家を残したいと想うのです。

 

 

 

 

 

img_4399-minc

ホテルスタイルのパウダールーム

私たちに相談いただくお客様のご希望の中でとても多いのが、洗面台
を造作で作りたいとのご要望です。もちろんメーカーの既製品でも中
には素敵なものもありますが、「どれも同じに見える」「病院の洗面
台みたい」などなどお客様からは厳しい意見が多く聞かれます。
日本の製品は機能性が抜群で、お掃除や収納の事などはとてもよく考
えられているのですが、デザインとなるとまだまだ発展の余地がある
ように感じます。 海外のようなパウダールームは女性達の憧れ。
寛ぎのバスタイムの後、素敵な空間で身支度をしているととても優雅
な気分になれます。
人造大理石のカウンターに広いボウル、スパウトの美しいクローム仕
上げの水栓に、レバーはダブルハンドルの少し大きめの物が雰囲気が
出ますね。 床にはイタリア製のタイルを並べて、目地の色にもこだわ
りたい所。壁にはホテルの仕様のタオルラックを取付けて白いフワフ
ワのバスタオルを並べて。素敵な香りのキャンドルなどを並べれば、
まるでホテルの様なパウダールームの完成です。 できればガラスのド
アで仕切られたバスルームもタイルで造作を。
大きな窓からは青々としたグリーンの庭が続き…と、夢は広がります。

 

もちろんご予算の関係もあるので、全てが夢の通りにとはいかない場
合もありますが、少しでも夢の空間に近づけられるよう、リラックス
できるパウダールームを目指して様々なアイデアをご提案しています。

 

 

 

 

 

img_4443-minc

本棚から…

私の尊敬する建築家の中のひとり、住宅設計の第一人者の宮脇檀さん。
もう40年ほど前に活躍されていた方ですが、その当時の設計手法は今
でも色褪せず、現代の暮らしにも充分に活用することができます。
私は学生の時に彼の本を幾つか読んで、難しい建築家の言葉ではなく、
街並みや住む人の生活を見つめた温かい設計に感銘を受けました。

 

「他人の借景となる家を創る」「家の中の回遊性が楽しさを生む」「端
から端を見通せる部分を造る」「帰ってくる人への語りかけに配慮する」
など、その言葉からは優しさと工夫が感じ取れます。
オープンキッチンを家族の集う中心的な位置にと、提唱したのも宮脇檀
さんです。 今では当たり前のような事でも40 年前にこれを提唱してい
た先見の明に驚かされます。私は設計に行き詰まると時々本を読み返し、
どこかにヒントはないかと探ってみます。八方塞がりのような時にでも、
何かしら解決の糸口が見つかることがあるのです。
家族にとって大切なもの。
それは40年前も今もあまり変わっていないのかもしれません。先輩方の
お知恵を借りて、今の時代に合うように、お客様に合うように、アレン
ジをしながら図面を進めていきます。

 

 

 

 

img_5021-minc

 

階段はドラマティックに

「風と共に去りぬ」「アンタッチャブル」「シンデレラ」など…
数々の映画や舞台などの名場面に印象的に使われる階段のシーン。
ひとつやふたつ、憧れの階段のイメージをお持ちの方も多いのでは
ないでしょうか。
私が実際に訪れて印象に残っている階段は、「ローマの休日」でも
有名な、皆が思い思いに寛いでいたスペイン広場のゆるやかな階段
と、エジプトの神に続く様に細くまっすぐ伸びていたピラミッドの
中の階段。登っている時の高揚感は今でもはっきりと思い出せます。
住宅においても階段は様々なドラマを生みだします。視界に変化を
もたらし、空間のアクセントとしての見せ場になり、時には物思い
にふける場所に。 階段が単なる移動の手段ではなく、おうちの中の
お気に入りの場所になったら、とても素敵。
だから私たちは色々な階段をご提案します。鉄骨の階段、木製のス
ケルトン階段、片持ち階段など… お家に合わせて、お客様に合わせ
て、安全でそしてちょっと素敵な階段を。
ひとつひとつディティールまでこだわってデザインする事で、既製
品では感じられないスマートな空間に変わります。 家の面積は限ら
れているからこそ、ひとつの用途ではなく、色々な可能性を造りた
い。階段を3 段あがると、今までと少し違った景色が見えてくる。
登りたくなる魅力的な階段、いつまでも眺めていたくなる階段。
世界にひとつだけの階段をあなたのために。

 

 

 

 

 

img_5994-minc

Page 1 of 212

Contact

お問い合わせ

マンションリノベーション・戸建て注文住宅・リフォーム等
設計・施工・コーディネートのご相談を承っております。

PAGETOP