所沢・入間・狭山の住宅リフォームならエムズ

埼玉県、東京都でこだわりのリフォーム、増築や改築、新築設計ならエムズデザインへ


資料請求

無料相談・お問い合わせ

MS DESIGN CONCEPT LINE

私たちが提案する2つのデザイン
コンセプトをご紹介いたします。

profumo

sun&wind


HOME > リノベーション > リフォームor建て替えで迷っている方へ

リフォームor建て替えで迷っている方へ

「親から譲り受けた大切な家だから、、、」

「新築とリフォームの良いところ悪いところを比べたい、、、」

 

 

私たちのところへ多くの方が、「どちらが良いのか、、、?」

と迷ったあげく来社されます。


 

選択肢としての「設計事務所」


 

リフォームがよいのか、建て替えがよいのか?

設計事務所の視点で公平な判断をいたします。

相談者の“これから”を一緒に考え、

メリットデメリットをはっきりと提示いたします。

 

 

 

築年数もだいぶ経過しているし、ここまで大々的に直してしまうなら、いっそのこと新
築を建てた方がよいのだろうか?戸建て住宅のリフォームを考えた時に、建て替えと、
リフォームと、どちらがお得なんだろう?というお悩みがでてきます。

まず言えることは、一概に築年数だけでは判断ができないということです。

建物の状態や、この先どのように暮らしていくか、一番気になる費用のことなど、あら
ゆる面を総合的に判断しなければなりません。

他にも判断の目安となるポイントをいくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

コスト面で比較してみる

リフォームならば、構造体の状態が良い場合は、基礎や土台、柱や梁などをそのまま使

うことが多くコスト面では有利です。逆に劣化が激しいと補修費用もそれなりにかさみ

ます。

建て替えの場合は、まだ十分に使える部分が残っていても全て解体しなければなりませ

んので、リフォームに比べて廃棄物の量が多く処分費用も多くかかります。

どちらの場合も忘れてはならないのが、仮住まいや引越しの費用、申請や登記費用など、

諸費用も含めた資金計画が必要です。

構造部の問題によりリフォームが難しいケースがある

構造上の問題がある場合、例えば、鉄筋が入っていない無筋基礎だったり、耐力壁が足
りない場合など、補強工事が必要な箇所があまりにも多すぎる場合は、リフォームする
よりも建て替えてしまうほうが良いこともあります。
多額の費用をかけて補強しても、新築と同等の強さにするのは難しく、補強をすること
によって、窓の取り替えなど付帯してくる工事も増える場合があります。
また、階段の移動、キッチン等水廻りの移設、廊下の幅を広げる工事など構造が絡む大
がかりな間取り変更がある場合も、建て替えと変わらない費用がかかってしまうことも
あります。
既存の建物に制限されず間取りを変えたいとか、耐震性や断熱性を高めたいというご要
望をお持ちの方には、プランの自由度が高い新築工事をおすすめします。
当社では実際に、このような理由により、リフォームを検討されていた方へ新築をおす
すめした事例がございます。

法律の改正により建て替えが制限されてしまうことがある

まず始めに、今お住まいの土地に、現在どのような規制がかかっているのかを調べる必
要があります。建築基準法の改正や用途地域の変更などにより、規制が厳しくなってい
る場合も珍しくありません。建ぺい率が変わり、建て替えると今の家よりも小さな家し
か建てられないということもあります。また、リフォームでも構造部分を大きく変える
ような大掛かりな増改築になると確認申請が必要になります。
他にも、建築基準法上の道路に接していない土地に建っている場合などは建て替えるこ
とができません。このようなケースでも、エムズデザインでは快適なリフォームをご提
案できます。

リフォームと新築のどちらのご相談も承ります。

リフォームするか?建て替えるか?すぐに答えが出せない難しい問題です。
欧米の住宅の寿命はおよそ100年と言われています。日本の建替え時における平均築年
数は30年です。長く住むことができるように、メンテナンスをしながら大切に暮らして
いくという心がけは大事ですね。
あと何年この家に住みたいのか?どんなふうに暮らしていきたいのか?
建て替え、リフォームのいずれにしても、ご家族それぞれ、その土地や建物への思い入れ
があると思います。ご家族の思い出を一番良い形で継承していけたら素敵なことですね。
エムズデザインでは、どうすることがお客様にとって最も良い選択なのかを、一つずつ
一緒に考えてアドバイスいたします。

施工事例

F様の施工事例写真

<case1>

お施主様は30歳代のお若いご夫婦。結婚を機に旦那様のご実家をリフォームして新居にしたいというご相談を受けました。

築30年以上経過していることもあり老朽化がすすんでいました。内装の他にも補強が必要であることと、結婚生活スタートというタイミングでしたので、これから家族がふえていくことも考えて建て替えることを提案しました。親御様の後押しもあって、新築を決意されました。

 

→F様の施工事例へ(新築)

M様の施工事例写真

<case2>

建て替えて新築にしたほうがよいか、リフォームをして住むかの両方を検討しましたが築40年以上の建物であるにもかかわらず、柱や基礎など造りがしっかりしていることと古民家の良さを最大限に生かした仕上がりが見込めたため、デザインを取り入れてリノベーションしました。

 

M様の施工事例へ(築40年古民家リフォーム)

 

 

リノベーション TOP