福ちゃん

 
 
佐々木大工さんが亡くなったとき、僕たちにその悲しみを感じさせないように明るく振る舞ってくれた福ちゃん。
 
 
佐々木大工さんとは、まだ若かったぼくとお役所の仕事からレストランまで、
さまざまな仕事を一緒にしていた棟梁大工。
その佐々木大工と一緒に働いていたのがこの写真の福ちゃん。
 
 
 
 
fuk.jpg
 
 
 
福ちゃんは、佐々木大工さんの手元を何十年もやっていました。
 
親方を失ってしまった福ちゃんのことを、うちの高嶋は、
「福ちゃんをエムズに入れてあげられませんか?
みんな一緒に仕事をしたがっています。」とぼくに言ってきた。
 
 
 
それから今日まで、エムズの一員としてずっと腕を振るってもらった福ちゃんが、
今日引退した。
 
 
昨秋、ぼくに話があると言ってきた。
 
「そろそろ引退するよ。」
 
 
ニコニコ顔でぼくに伝えたつもりだろうけど、
『もう高齢だし、みんなの足を引っ張るのは嫌だし・・・』
という言葉がこの一言に入っていた気がする。
うちのスタッフからは、
なんで?居てもらわなくちゃ困るよ!
と言う声が上がった。
 
 
福ちゃんから教わったことは、
 
「先を読むチカラ」
 
こんなオッチャンが??? と思うだろうけど、
耳の聞こえない福ちゃんは、推測や予測をする能力が抜群に長けていた。
一緒に工事をやっている仲間の行動を読み、すぐ次の行動つなげていく。
次に必要なものを瞬時に考え、すぐにそれを手元に渡すんだ。
 
 
 
今朝、ぼくの母に挨拶をしに行ってくれて、
その後オハナでは、スタッフみんなから大きな拍手があがった。
 
 
 
 
「福ちゃん! 一緒に写真撮ろうぜ!」
 
 
彼は、
 
「なに言ってんだよ!」って感じの顔をしてたけど。。。
 
 
 
 
  
 
 
どうもありがとう福ちゃん!
 
 
楽しかった佐々木大工さんとの思い出の横に、
福ちゃんの思い出をならべておきます。
 
 
 
今までありがとう御座いました。いつまでもお元気で。
また逢いましょう! さようなら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

投稿者: hayashi 日時: パーマリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mscp.jp/blog/2010/03/post_965.html/trackback

福ちゃん への1件のフィードバック

  1. 八陣 のコメント:

    福ちゃん(馴れ馴れしくてごめんなさい)には大変お世話になりました。毎朝一番で現場の準備をされていた姿がとてもう印象に残っております。きちんとお礼を言えず心残りでしたが、もしかしたらまたお会いできるかも・・・と感じていましたが、とても残念です。お疲れ様でした。お元気で・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>