鬣を風に靡かせて。

 
 50歳の誕生日をスタッフや仲間が祝ってくれたとき、
ぼくは、「ぼくが思い描いていた50歳になれていない」と言った。
美味しそうなケーキとぼく好みのプレゼントを用意くださっていたのにね。
気がきかないのか。
本当はもっと余裕があって、もっと大らかであり、
ある意味、大人の風格を醸し出せてるような、
もうちょっと地に足が着いたどっしりとした男になっているはずだった。
全然だめだし、こんなはずじゃなかったし、
正直、ちょっと恥ずかしかった。
素直にその歳を受け入れて、楽観的までは言わないけど、
もうちょっとお気楽に過ごすことも良いのかもしれない。
でもぼくにはそれが全くできない。
だから、皆が祝ってくれたことに心から感謝をし、
ぼく自身から生まれてきたこの感情にも感謝。
そしてぼくがあのころ思い描いていた憧れの50歳に近づけるように今日も天を仰ぐ。
 
 
 
 
 
音がスイングしだしたのをスタッフ皆が全員いっぺんに気づいた。
嬉しかった。
本当は皆をHugしたかった。
皆の顔色が変わった、
美しく、
そして凜々しく。
あなたたちの素晴らしい笑顔を見るのが楽しみになったほど。
今もひとり一人から出る清んだ音でぼくらは絶妙なハーモニーを奏でる。
言ったよね、「うちは美しオーラがですぎちゃってるから(笑)って。」
みんな自らももちろんそれを感じているはず。
そしてぼくは全体の音圧が徐々に上がってきているのを肌で感じている。
ぼくは耳で聞かないよ、
目を瞑るんだ。
五感の一つを閉じると、
残った感覚組織はいっせいに精度を増す気がするんだ。
ちょっとへんな言い方だったね。
ぼくはいつでも美しの旋律を奏でていたいんだ。
 
 
 
 
 
お客さまを心配させてしまったり、失敗をしてしまったりして
しまいました。
申し訳ありません。ごめんなさい。
その事実が起きたとき、
すぐに自分の愚かさを認め、自分を戒めることを忘れず、
取り乱しを全くせず一瞬で前に進もうとする姿勢を見た。
そしてその出来事に対し、
スタッフ皆が力を合わせて取り組む姿「輪」に輝きを感じた。
ぼくの大嫌いな言葉、取り繕う。
この言葉には、正直がない気がしてならない。
体裁を整えるような、自我が出ていて妖気が漂い、
クリスタルのような純粋な透明感とは正反対な時間を感じるから。
いま我が社はとても強い。
来たるべき調和の世界をこの時点でここまで取り組めていれば、
この先に必ず幸せが訪れる。
そして何よりもお客さまはそれを必ず感じてくださると思っている。
だから前に進もう。
それは、少しの勇気だけと信じている。 
 
 
 
 
2016年、出逢えました素晴らしきお客さまに心から、心の底から、感謝をしております。
2017年、未だみぬステキなお客さまとの出逢いを心から楽しみにしております。
ありがとうございます。
 
 
そして、
ひとり言の拙いブログを読んでくださいましてありがとうございます。
 
林正晃
 
 
 
 
 
 
 
161230
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
投稿者: hayashi 日時: パーマリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mscp.jp/blog/2016/12/post_1441.html/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>