緊急事態宣言全面解除後の弊社の取り組みにつきまして。

  ㈱エムズデザインでは、緊急事態宣言全面解除に伴い、お客様、社員とその家族、関係者の健康と安全に留意し、慎重に業務を進めて参ります。

しかし当面の就業体制は自粛時の状態を維持し、テレワークによる在宅設計業務を継続し、必要最低限の外出、公共交通機関を極力使用しない通勤等を行って参ります。
なお、お客様とのお打合せは、WEBによるご相談を引き続き行うとともに、現在工事進行中、プラン継続中のお客様につきましては、ご不便ならびにご迷惑をおかけしないことを第一に取り組む所存でございます。
お客様あっての私たちエムズデザインは、この新型コロナウィルス感染症の終息にむけて最大限の努力をして参ります。
引き続き気を引き締めて参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
まずは、4月、5月の自粛要請の状況下でも現在進行中のお客様の愛情に支えられ、励まされ、何変わりなく日々を過ごせたことを心より感謝申し上げます。
いきなりこのような先の見えない状況になってしまい、
現場はどう動くのか?本当に動くのか?
お金を払ってしまったけれど、、、
もう家を解体してしまったけど、、、
など、本当にご不安だったと思います。
私たちはそのご不安を少しでも払拭できればと思い、いつにも増してご連絡を取らせて頂きましたが、逆に励ましを頂いたり、こんな時にも温かいお気持ちを頂けたこと、心より感謝しております。
 
私はWEB会議システムを数年前から導入しておりましたので、今回、何ら不便不自由なくこのシステムにスムーズに移行することができました。
スマホやパソコン、 タブレット等の端末さえあれば、お客さまもオンライン設計相談という形で、ご参加頂くことが可能ですので、まだ未経験の方も、ためらいなく是非お申し込みくださいませ。
 
ご挨拶文にも書き添えましたが、私たちは当面の間で自宅業務を続け、WEB会議を基本に、全員がまとまって出社することなく、交代制や担当を決めながら進めて参ります。
このように記しますと、お客様の中には「こんな時期に、申し訳ないかな…」とか、「もう少し平穏になってからのほうが良いのかな?」と、お気遣い下さる方もいらっしゃいます。
もし少しでもそのようなお考えをお持ちでしたら、まったくお気になさらないでください。
 
この状況下で改めて家の価値を知り、家のあり方や、暮らし方、時間の使い方などを考えた方が多いのではないでしょうか。
大げさかもしれませんが、
衣食住の住は、生きて過ごすこと。
それが見直された今、私たちは家のプロとしてもっともっとこの情熱を発信して行かなくてはならないと感じました。
 
 
家は、楽しい。
家が、幸せ。
 
林正晃
 
 
 
 
___
 
愛するスタッフの皆へ
 
うちの皆は頑張ったよ。
3月下旬にテレワークを開始してすぐの緊急事態宣言発令。
手探りで進むことは今でも変わらないけど、今日は今までの取り組みを称えよう。
皆は頑張った。
ぼくも頑張ったかな。
お客さまに絶対に心配をかけないことを第一として、
仲間を気遣い自らの役割を再確認し、
安全を守ったこと。
 
でもね、これからが大きな変化の時だと思う。
この変化に屈することなく、すべてを前向きに捉え、
ずっと大切にしてきたことを守りながらどんどん前進しよう。
先日から続々と頂いている昔のお客さまからのありがたいメッセージ、
いま現在進行しているお客さまの信頼のお言葉、
そして新たなお客さまとの出逢いは今までとまったく違った明るい可能性ばかり。
こんなにも愛されている感覚を持つことができるのは何故だろう?
きっと新しい可能性がここエムズデザインにあるのではないか?とすら感じる。
その感覚こそが、ぼくたちを強くしてくれている。
 
うちに来てくださるお客さまの一生を変えることになる家づくり、
”新築注文住宅&大規模リノベーション” の可能性ををもっともっと価値あるものにしていくために、スタッフ皆で更に学ぼう、更に努力しよう、そして、この仕事を楽しみながら一生を捧げよう。
 
まだ見ぬステキな出逢い、そして、
笑顔で逢うことができるお客さまとの時間は、私たちの宝物です。
 
 
 
 
 
 
200603
 
 
 
 
 
 
 
投稿者: hayashi 日時: パーマリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mscp.jp/blog/2020/06/post_1810.html/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>