埼玉県、東京都で新築注文住宅・リノベーションならエムズデザイン一級建築士事務所へ

MENU

所沢・入間・狭山の住宅リフォームならエムズ

エムズデザインの現場ブログ
エムズデザインの現場ブログ

最高の日

2020/07/04   Posted by:Nanaco カテゴリー:Genba Diary,nanacoろびやおき日記

皆様、こんにちは。設計部の村角です。

今回はT様邸引き渡しについて書いていきたいと思います。

 

 

 

私にとっては、初めての引き渡しに参加させて頂くお客様でしたので、

期待とお客様がどのような反応をするのかと少しハラハラしながら、

前日の夜を過ごしました。
そして、雨が降り、僅かに太陽の光が差し込む中、

T様邸引き渡しの日を迎えました。

 

 

 

 

T様邸は前回現場にいった時と比べ、

フローリングやカーペット、ドア、カーテンなどが取り付けられ、

ほぼ出来上がりの状態でした。
T様邸は、ゴールドやブラックの棚、上質なカーテンなどで彩られており、

クール?なイメージがありましたが、実際のできあがりは

上質な空間の中にどこか暖かみを感じました。
この時感じたことは奥様と娘さんの登場により、はっきりと分かりました。

 

 

 

 

旦那様が奥様と娘さんを連れ、現場に訪れたとき、
娘さんは、各部屋を走り回り、

言葉だけでなく喜びを体で目一杯表現していました。

旦那様もその様子をとても優しく見守り、部屋の案内をしていました。
奥様と娘さんにとっては、出来上がった我家で始めて過ごす日。
しかし、ずっとそこで住んでいたかのように、

そこには確かに家族にだけ流れる空気感を感じました。

 

 

 

 

BOSSや旦那様は、profumoのコンセプトで出来上がった空間は、

スカートがなびくように、

仕草が自然なシンプルなものに変わると最後に仰っていました。

旦那様、娘さん、奥様が、歩き、座り、窓を開けたりする

そんなあたり前の動作ですが、

それをごく当たり前のようにしてくれるのは、

その動作を作り出す空間から来ていたのです。
私が感じた上質さの中の暖かみはこのことだったのです。

 

 

 

 

お客様にとって、この引き渡しの日は長い旅からの帰還、

そして最高の喜びの日だっだと思います。
私もそんな日に立ち会え、喜びを感じるとともに

この家から新たに作られていく物語が

かけがえのないものになるようにと願った日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像.jpeg copy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

ページトップへ戻る